よくある質問

⑱ブラシの品質、振動

ブラシ振動基準

ブラシは高速で使用される為、製品バランスが極めて重要となります。
回転時の振動が電動工具を持つ手に直接伝わってきますので長時間の作業で振動を受け続けると、人体に障害がでる危険性を含んでおります。
弊社では自社基準を設けて基準値をクリアした製品だけを出荷しております。

sindou

⑰髙島産業の特徴は何ですか

【1】小ロット・多品種生産対応

    1個からでも製作対応しております

【2】納期が短く、安定した製品を確実出荷

    受注後納期は通常2週間です(短納期にも対応します)

【3】特殊ブラシの製作対応技術に優れる

    ユーザーが求める特殊ブラシの製作が得意です

【4】素材に適したブラシ仕様条件の提示

    無償テスト報告書添付サービス

【5】ブラシ特性を活かした専用機械の設計・製作

    PAT取得の毛丈補正機構

【6】低コスト・交換式ブラシの提案

    PAT取得のDOT、毛丈摩耗補正式

お客様の求める製品を高精度(正確)により速く、適正価格で提供し、の根源である「前向きに明るく、厳しく、楽しく」の人間関係をお客様と社員共々で築いて、社会貢献する企業を目指しております……【会社理念】

⑪砥粒番手と実際の粒径を教えて下さい

砥粒の大きさ(目安)

#50 → (0.25~0.3mm)

#80 → (0.15~0.18mm)

#320 → (0.04~0.05mm)


粒度表

粒度 砥粒の分級 粒径の範囲
#50 50/60 250~297μ
#60 60/80 177~250μ
#80 80/100 149~177μ
#100 100/120 125~149μ
#120 120/140 105~125μ
#140 140/170 88~105μ
#170 170/200 74~88μ
#200 200/230 62~74μ
#230 230/270 53~62μ
#270 270/325 44~53μ
#325 325/400 37~44μ
#400 (40~60μ)
#600 (20~30μ)
#800 (12~15μ)
#1000 (10~20μ)
#1500 (8~16μ)

()は分級が異なる

⑫砥粒の硬さはどのくらいですか

モース硬度(旧10段階/修正15段階分類)


修正 名称 ヌープ硬度
(kgf/mm2)
硬さの目安
15 10 ダイヤモンド 9,000 地球上の鉱物の中で最も硬い
13 炭化ケイ素 2,500
12 9 アルミナ 2,100 石英・トパーズに傷を付ける事ができる
5.5 5.5 ナイフの刃 参考まで
2.5 人間の爪 2,5 参考まで

⑧毛材によって表面の仕上がりが変わりますか

eight02

金属線で処理した場合、研削性は高いですが処理条件によっては二次バリが発生したり、細かなぶつぶつな表面(梨地肌状態)に仕上る場合があります。
一方、砥粒入り毛材で処理した場合、研削能力は劣りますが表面が滑らかで光沢のある仕上り面が得られます。
但し、基材がナイロン樹脂で耐熱性が低いので処理条件によっては研削材に溶けた樹脂が付着する事もあります。

⑥ブラシの植毛方法と違いを教えて下さい

sx03


③ブラシが利用されている分野はどんなものになりますか

工業用ブラシは各種産業で製造される加工部品のバリ取りや表面仕上げに最も利用されています。 その他にも食料品の洗浄や日曜雑貨製品にも数多く使用されています。


自動車製造メーカー各社(構成部品点数:約35,000点)

エンジン機構/サスペンション機構/ドライブトレーン/ブレーキ装置/
ステアリング装置

その他の対象業種

・航空部品製造メーカー

・鉄道車両部品製造メーカー

・建設機械部品製造メーカー

・家電部品製造メーカー

・船舶部品製造メーカー

・半導体洗浄機メーカー

・食品製造メーカー

・雑貨・日用品

②ブラシの処理例にはどんなものがありますか

two01 two02-03 two03001

⑭金属成分が溶出されず、軽くてスジ目の出ない積層タイプのブラシが欲しいのですが。

ブラシ素材のみで構成されたオリジナル工法ブラシがあります。



特徴

その1 軽い

その2 金属粉が発生しない

その3 ブラシ密度が30%UP

その4 毛先の傾鈄植毛も可能

その5 異形内径の成形が可能

その6 リサイクル型環境ブラシ

その7 ブラシの傾鈄積層も可能

その8 金属の植毛ディスク板レス工法

その9 高価なフランジやホルダーが何回も繰り返し使える

faq14

⑬現在使っているブラシの毛量が少ないので、多くできますか

ブラシ毛量や密度はご希望に沿って対応できます。

但し、ブラシ植毛方法、並びにブラシ製造工法は弊社にお任せ下さい。

 

gen

 

 

⑮熱や耐薬品性に優れる毛材はありますか

弊社オリジナルな【PEEK毛材】があります。
耐熱性や耐薬品性等の特性以外にも無砥粒なのにステンレス板も削る毛剛性と耐摩耗特性を持っています。

極めて低い汚染性(金属イオンの溶出性)相手材への低攻撃性から半導体、液晶ディスプレイの各工程や搬送材に採用されています。
耐スチーム、耐食性が要求されるケミカルプラントの製造工程や食品と接触する部品、機械に適している。
スチーム殺菌を要する医療機器や人口関節又は長期摺動特性が要求される調理機器にも適している。

faq15

⑤ブラシの選び方

目的によって「毛材分類」「ブラシ形状分類」「植毛方式分類」「その他」の4項目から選択してください。

 

形状分類

ホイール型/カップ型/ベベル型/底磨き型/ロール型/ドット型/テクノスター/ミニブラシ/スーパーミニブラシ/ワンダーラップ/ねじり型ブラシ/植え込み型/チャンネル型

植毛分類

ディスクタイプ/チャンネルタイプ/植え込みタイプ/ドットタイプ/カシメタイプ/接着タイプ

毛材分類

金属繊維 直線/金属繊維 波線/金属繊維 ロープ線 直線/
金属繊維 ロープ線 波線/

科学繊維 直線/科学繊維 波線/砥粒入り 直線/砥粒入り 波線/

植物繊維/動物繊維

その他

ブラシサイズ/植毛板サイズ/外金具サイズ/孔径サイズ/ブラシ密度/使用条件

⑯海外にも対応してくれますか

海外拠点と主な営業活動地域は以下のとおりです。

 

【海外関連会社】

天津弘莉高一商貿有限公司

【営業展開国】

ベトナム/フィリピン/インドネシア/タイ/マレーシア/メキシコ/インド/その他

 

【機械販売実績国】

中国/韓国/インド/マレーシア

world

⑩砥粒番手と線径は自由に選択できますか

砥粒番手と毛材線径は基本サイズが設けられています。

別途、毛材仕様にてご確認下さい。

基本サイズ以外にも製作対応は可能ですが、製作ロットkgが決められておりますので、ご注意下さい。


⑨砥粒は何を基準に選択すれば良いですか

砥粒は大まかに分類すると3種類が基本となっています。

 

【SiC(炭化ケイ素)】

砥粒が鋭角な形状をしていますので、高研削力を要求される場合に選択します。

 

Al2O3(酸化アルミナ)】

砥粒が鈍角な形状をしていますので、滑らかな仕上がりを要求される場合に選択します。

 

【Dia(ダイヤモンド)】

ブラシ価格は高額となりますが、硬い砥粒の作用によって効率が大幅に高まります。

研削性は他毛材に比較し、概ね40倍の研削力を誇りますので、ブラシ回転数や切込み量の軽減、または作業時間の短縮によって価格以上の効果があります。

 

faq01

⑦毛材によって研削性や寿命に違いがありますか

【毛材による作用の違い】

金属線の毛材先端は鋭利な形状をしています。この鋭利な先端面を高速でぶつける事で対象材のバリを叩き落としたり、傷を深く付けたりします。

金属線の鋭利なエッヂ面は概ね30分前後使用すると先端エッヂ面が丸まってくるので、急速に研削力が低下する傾向があります。

この状態からは、安定的に使用する事が出来ます。

 

【特性】毛刈り方法別のブラシの毛先(金属線の摩耗と破断状態)

na

 raw-materials02_R

 

 

一方の砥粒入り毛材は、母材の樹脂繊維の中に砥粒が概ね20%~30%含有されています。

砥粒は、均一に混練されていて押出成形されていますので、どの部分を切断しても均一な状態となっています。

その為、金属線とは異なり、毛材先端から摩耗限界まで長時間安定した研削性を維持する事が出来ます。

毛刈り方法別の毛先(砥粒入り毛材の摩耗と破断状態)

na02

研削量の推移(砥粒入りナイロン)

na03

 

 faq7

 

④効果的なバリ取りの基本

【効果的なバリ取りの基本1】

(1)バリに対し、垂直にブラッシングする。

(2)バリの向きでブラシ処理方向を見定める。

four01

 

 

【効果的なバリ取りの基本2】

four02

①工業用ブラシの特徴

・素材を削る程の研削力はありません。

・鏡面まで磨く仕上げ効果は薄く、顔が映る程度の仕上がりが限界値となります。

・対象ワーク形状に沿ってなぞる様に毛先を接触させる事で、凹凸のあるワークにも
 柔軟に対応できます。

 特にエッヂ面のR形状処理に優位性があります。

ページの先頭へ戻る